しょうろぐ

オピニオン記事や日々の出来事を中心にかいてます。

完璧なんか存在しないというマインドセット

 

よく「完璧なモノ目指したい」とか「完璧じゃないと嫌だ」っていう人、

周りにいないだろうか?

 

f:id:showtakamori0421:20161119191628j:plain

 

時間を律儀に守る人とか、

細かいことを守らないと気がすまない人とか。

 

なにもかもが完璧じゃないとなんか嫌・・となると、

自分が損したり、他人を責めてしまったりすることが

ある。

 

そして完璧でいることは結構エネルギーがいるので

疲れる。

 

行き過ぎた完璧主義は

仕事、家事、恋愛、子育てなど人生のあらゆる場面で、

足かせとなってしまう。

 

私自身はかなり大雑把な正確なので、

完璧主義とまではいかないが、

それでも以前はある程度準備をしてなかったり、変に穴が空くと

先に進まないことがよくある。

 

何かを始めるにあたって

色々調べてからベストの状態でスタートしよう!となると

どんどん先延ばしにしたり、やらなかったりする。

 

ランニングは特にそうで

とりあえずいいシューズとかシャツとか揃えてから始めようとか、

1回でも走らない日があるとその後やめてしまったり。

 

そうやって結局やらなかったり、

先伸ばしにしてしまうことは結構多いモノだ。

 

完璧主義にとらわれてるあなたは

なにを手放せばよいのだろうか?

 

それはまず、完璧など存在しないことを知ることだ。

 

そもそも世の中に完璧など存在しない。

 

完璧を定義することすら難しい。

 

世界最高峰の人が何かを作っても、

長い目で見ると完璧なものではなくなったりする。

 

もし、完璧だったら進化も成長もなくなるだろう。

 

誰もが使用しているLINEやtwitterなどのアプリは

しょっちゅうアップデートの通知がこないだろうか?

 

完璧なものをつくってから世の中に出そうとしたら、

永遠に出せなくなってしまう。

 

しかし、完璧な状態でなくても十分のサービスを受けれている。

 

アップデートしていく中で新たな気づきがあり、

そのなかで精度を高めていけばいい。

 

大切なことは「とにかく始めてみる」ことや

「とりあえず始めてみる」ことだ。

 

そして、本来の目的を確認すること必要だ。

 

完璧主義者は100or0で考えがちだが、

70ぐらいでも実は目的は達成していることも多々ある。

 

ランニングも走ること自体が目的ではなく、

痩せることだったり、体調管理が本来の目的だ。

 

週に3日走るところを1日サボっても、

1時間走るのが30分になっても効果にはつながってるし、

0ということにはならない。

 

ちょっとでも走ったりすると

知らない場所にお店ができていたのを発見したり、

ふとアイディアを閃めいたりする。

 

100じゃなくても価値はある。

 

自分がやってきたことにきちんと目をむけ、自信を持つ。

 

完璧じゃないことに劣等感を持つ必要性なんか全くないのだ。